展示会ブースの効果的な作り方(2019年9月6日 久保) |新着情報|株式会社エドランド工業 展示会ブースの効果的な作り方(2019年9月6日 久保) |新着情報|株式会社エドランド工業

news

展示会ブースの効果的な作り方(2019年9月6日 久保)

【一分間スピーチ】(展示会ネタ)

もうすぐ秋になり、また展示会が開催されるシーズンが始まります。
それに合わせてブースのデザインをどうするかと考えていました。
ブースの装飾をデザインするときに上下でセットになるようなキャッチコピーを考えていました。

具体的に言うと、
上部は、「刃物の耐久性でお困りの方向けにお困りの方必見」
下部は、「刃物を一個からオーダーメイドします」
と二つの文を上下に分けてデザインしました。

それで進めたいたのですが、ある人と話したときにアドバイスをもらって
展示会の来場者ってどこを見ているのですかと聞かれました。
ほとんど上を見ながら歩いていますねと話していました。

そうしたときに、上下にキャッチコピーが分かれていたら
上の「刃物の耐久性でお困りの方必見」しか見ないんじゃないですかと、
下の言葉は見てもらえないんじゃないですかと話をされて
最終的には上に全部書くことにしました。

展示会でいい結果が出るかはまだ出展してないので分からないのですが、思ったことは、
相手がどうやって行動するかなとか、どういう風に考えるかなというのをしっかり想像して
ブース装飾をしないといけないなと感じました。

皆さんが刃物を作るときでも完璧なものができれば問題ないのですが、
なかなかパーフェクトなものはできないと思います。
多少見た目が悪かったり、寸法が悪かったりというものが出てくると思います。
そのときに、もし自分がお客さんだったらこの見た目でいいかなとか、
この寸法で許せるかなと考えながら作ると良いものができるんじゃないかと思います。


【感想】山田

常日頃からお客さんの立場になってものづくりをしなさいと
口酸っぱくなるほど言う立場の人間です。

相手の気持ち、人の行動を考えて自分も行動しなさい。という良い事例だと思いました。
物を買う立場に立ってものづくりが出来るように
皆が思って仕事をしてくれればと思いました。





製造業のwebマーケティングに興味がある方は
以下のチラシから【クオンカットコンサルティング】へどうぞ






一覧に戻る

ACCESS